2009年09月07日

ガンダム戦記ストーリーその1「砂漠の風作戦 」

ガンダム戦記ストーリーその1「砂漠の風作戦 」


機動戦士ガンダム戦記


集結ポイントに強襲を受ける。
ジオン残党討伐に向けて、残党に包囲殲滅線を図ろうと部隊を展開していたが、本隊の到着が遅い。
その隙をつかれ、包囲していない箇所から他のジオン残党が強襲を掛けてきた。

ジオン残党も必死だ。

 それにしても、結構な大規模なMS部隊だ。
1年戦争が終わり、補給も武器支給もままならないというのに、この配備数はどうなっているのか。
本当に、連邦が勝った戦いだったのか不思議でならない。
しかし、連邦もふがいない。1年戦争が終結し1年以上もたった現在、あらたな軍拡は必要なしとして、新型のMSが配備されてこない。
 現在我が隊が使用しているMSだって、地上型ジムコマンドであって、武装なんて100mmマシンガンというお下がり品だ。せめてビームガンが欲しい。

 まぁ、まだジムコマンドが支給されているマシか。他の部隊はいまだに初期生産ジムだしな。

おおっと、こうしている場合ではない、直ぐに迎撃しないと、こっちまでやられてしまう。

既に、我が部隊は敵に囲まれているし、上官に撤退を具申しても却下されてしまった。

ここはやるしかない。幸いジオン残党は大半がザクUJとザクIだし、現在の武装でもなんとかなりそうだ。
もってくれよ、ジムコマンド。

まずは、手短なザクIから100mmマシンガンの雨を降らせる。相手がだるま状態になるまで打ち込み、一気にバーニアで加速し、その亀になったザクIに容赦なく、ビームサーベルの3連撃をたたき込む。

ザクIはアフリカに散った。
その直後、衝撃波がきた。ザクバズーガ-を持ったザクIIがこちらをロックオンしている。すかさず、ジャンプで逃げるが、重い。

もう少し機動性が欲しい。
と左舷に新たな敵機、ザクマシンガンを2丁もったザクも現れた。ザクは旋回性が低いのでこちらは回り込むようにマシンガンで牽制しつつ、グレネードを投げる。その直後グレネードの爆発と共に、ザクが誘爆した。グレネードだけは威力が高いようだ。。

その後僚機の活躍もあって、なとかジオン残党部隊を壊滅することが出来たが、こちらの損害も無視できる状況ではなかった。
本当に戦争が終わったとは思えない状況だ。

(たつや回記録より)

PS
 こんな感じで、戦場からの日記形式で、ガンダム戦記のストリートを紹介していきます。
 また、ネットプレイももうしばらくしたら、開始します。
とりわけ先日、参加させていただきましたが、陸戦型ガンダム+ビームライフルは強力ですね。こちらは素のジム+100mmマシンガンでしたので、たいした戦力にならず、申し訳ない。

HG 1/144 RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th

HG 1/144 RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



posted by たつや at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム戦記日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/127522973